2016/06/18

つぶちゃんの気持ち

以前はケージの水入れの入り口からケージに手を入れると、
つぶちゃんは私の手のひらに乗ってウトウトするのが日課でした。

それがつぶちゃんが私を嫌うようになってから、
私がケージの中に手を入れるとつぶちゃんは狭いケージの中で飛び回って逃げるようになりました。

『手』が怖いのかと思ったのですが、ここつぶさん(娘)が手のひらを入れると当たりまえのように手に乗ってウトウトするのです。

つまり、つぶちゃんは『手』が怖いのではなく、やはり『私』のことが嫌い(怖い)なのだと思いました。


ブログをお休みしている間にそんなつぶちゃんと毎日過ごしてきましたが、
換羽も終盤になり、つぶちゃんの状態が少し落ち着いてくると、
放鳥中に私の所にも来てくれるようになりました。

それはとても嬉しかったですね~(*^▽^*)



つぶちゃん、こつぶさんの所に来てくれたの~♪

IMG_0901.jpg



するとそのうち、
放鳥中は以前と同じようにつぶちゃんと仲良く過ごせるようになってきたので、
ある日、以前のようにケージの中に手を入れてみたんです。

すると、つぶちゃんはまたすごく怖がって、ケガをしてしまうのでは?と心配するほどケージの中で大暴れしてしまいました。


その暴れて逃げまどっているつぶちゃんの姿を見て、
その時、気づいたのです。

今までつぶちゃんが何を怖がっていたのか、その時ハッキリ分かりました。

やっと気づいたのですよ。やっと・・・。

遅すぎですよね。


つぶちゃんが車に乗ると開口呼吸を始めてしまう原因は、
爪切り&健康診断のために行った病院です。

その病院に連れて行ったのは『私』です。

病院では保定され、爪切りだけでなく、口から細い棒を入れられて検査されました。

つぶちゃんはそれが余程、痛くて怖かったのでしょう。

病院ではケージに『手』が入ってきて握られ検査されました。

それが、私がケージに手を入れると怖がって暴れるつぶちゃんの原因だったのですね。


怖い病院と『私』のイメージが重なり、そしてケージに入ってくる『手』にまた痛いことをされるのではという恐怖。


それが全ての理由でした。


IMG_0962.jpg


つぶちゃん、本当に怖くて辛かったね。

つぶちゃん、ごめんね。

つぶちゃんの気持ちに気づかなくて、
つぶちゃんに嫌われたことでまるで自分が悲劇のヒロインみたいに思ってしまって。

本当につぶちゃん、ごめんね。




私はそのことにやっと気づいてブログを再開したのです。


ホント、情けない私です。



その後、毎日の放鳥中は以前のようにつぶちゃんとラブラブしています。

でも、ケージの中に手を入れても私の手には乗ってくれません。


そ、れ、が、

ついに昨日!!

ケージの水入れの入り口から、そっと手を入れてみると・・・・


つぶちゃんが私の手に乗ってくれたんですよー!!


そして手のひらで寝ようとモゾモゾ・・・・。




つぶちゃんの信頼をやっと取り戻すことができました!!

嬉しいです!



つぶちゃん、これからもこんなこつぶさんだけど、宜しくね。(*^▽^*)



IMG_0937.jpg



IMG_0969.jpg



IMG_0946.jpg




にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: しろたえさんへ

こんばんは!
コメントいただきありがとうございます!

たくさんご心配おかけしましたが、おかげさまで以前のようにつぶちゃんとラブラブできるようになりました!
原因が分からずただ避けられていた時はとても寂しい思いをしたのですが、つぶちゃんの気持ちを考えるとかわいそうでしたね。
つぶちゃんからしたら、病院の先生は容赦なく握って検査しましたから、かなり怖かったのでしょう。
あんなに怖がって、私を避けていたのに今では以前のように手の中で甘えてきます。
しろたえさん、めっちゃ、うれしいよ~~~!!
これからはしろたえさんと牡丹ちゃんのような信頼関係をつぶちゃんと築いていきたいです。

実は今回のことで、少し客観的につぶちゃんを見ることができるようになりました。
以前はつぶちゃんのことが好きすぎて恋は盲目的な?(笑)
つぶちゃんに避けられたのもいい経験になりました。
そして、辛かった時にしろたえさん達が私の思いを受け止めてくださり、とても心強かったです。
本当にありがとうございました!

原因がわかってよかったですね‼
そうか、確かに、病院体験は怖いですよね…
私も、牡丹がうちに来てから数日は手の中で警戒心なく寝てくれてたんですが、初めての病院に連れていってから、なかなか手の中でもっちりしてくれることはなくなりました。怖がって攻撃ばかり。
でも、時間が解決してくれて今では追っかけ回して捕まえても、そのあと私を怖がることはないようになりました。ただの家族喧嘩みたいです。
つぶちゃんも、よっぽどそのことがショックだったのでしょうが、こつぶさんへの信頼もあって時間が解決してくれたんでしょう!
動物だから本能で危険を察知してしまうのは仕方がないことかもしれませんが、信頼関係ができるのも文鳥さんの魅力ですね‼ますますつぶちゃんがいとおしいです。(*´ω`*)

Re: ゆずぽんさんへ

こんにちは!
コメントをいただきありがとうございます!

ご心配をおかけしてきましたが、つぶちゃんとのラブラブ、復活いたしました(*^▽^*)
怖がっていたつぶちゃんも放鳥中は何事もなかったように来てくれるようになったので、もう大丈夫だと思いケージの中に手を入れてみてもその手に乗ってくれず、どうして私の手だけがダメなのか不思議でした。
つぶちゃんは先生の手がケージに入ってきて嫌がる自分を捕まえ、そして怖いことをしたというイメージを強く持ってしまったのですね。
そのイメージがその時に一緒にいた私に重なってしまったのでしょう。
文鳥さんってとても繊細で賢いのだと改めて感じました。
そんな繊細な文鳥さんでもピッピちゃんは度胸が据わっていて羨ましいです。
そうそう、ピッピちゃん、換羽辛そうですね。
お顔が・・・
早く換羽が終わってつるつるになるといいですねー\(^o^)/
そのつるつる感が触るととっても気持ちいいです~♪

つぶちゃん、ピアゴで発見されましたか!?
昨日、つぶちゃん、ピアゴに行っていたとは!
いつの間にかつぶちゃんがいなくなったのでアオキに行ったと思っていましたよ~(笑)
明日のゆずぽんさんの記事、楽しみにしています!

良かったです~♪

つぶちゃんとのラブラブ復活!おめでとうございます♪
しばらくつぶちゃん何故(´;ω;`)・・・と思っていたので、
元通りになってくれて私もとても嬉しいです。

全部読んでみて、なるほど・・病院がそんなに怖い記憶として、
つぶちゃんの中に残ってしまってたんだな・・・と驚きました。
うちは結構ケロッとしているタイプなので(^^;)
つぶちゃん繊細なんですね(n*´ω`*n)(あと先生との相性もあるかもです)

かわいいつぶちゃんの表情をまた近くで一杯見られますね(*ノωノ)
鳥あたま、なんて言葉がありますが、いえいえなんのなんの、
とっても色々考えてると思います。
だからちょっと気持ちや考えがわかったかも?って感じた時は嬉しいですよね。

そういえば、昨日つぶちゃんにまた出会いましたよ(笑)
またこのネタ?と呆れられそうですが、明日記事にしようと思います(^^;)
(ちなみに入手先はピアゴ(地元ネタですねぇ)です(^▽^)/)

Re: Happyさんへ

こんにちは!
コメントいただきありがとうございます!

つぶちゃんとの仲は完全に復活しました。(*^▽^*)
ご心配おかけして本当にすみませんでした。
私がケージの中に手を入れた時の暴れたつぶちゃんの姿を見た時に、病院で先生に捕まれたくなくてケージの中で暴れていたつぶちゃんの姿がダブりました。
それでやっとつぶちゃんの気持ちが分かったのです。
つぶちゃんには可哀想なことをしました。もっと早くつぶちゃんの気持ちに気づいてあげれば良かったです。
でも病院に行けないのは今後が心配ですね。
なんとかならないかな・・・という感じです。

柚子ちんはとりあたまじゃないですよー賢いです!
ほら、人間でも気持ちの切り替えの早い人と遅い人がいるじゃないですか。
柚子ちんはあっさり系の子。つぶは多分ネチネチ系。根に持つタイプ。。。って、私に似てる・・・かもです^^;


No title

こんばんは♪

こつぶさん、よかったですね!
つぶちゃん、手にも乗ってくれるようになったんですね!
ブログを読んでいて、私まで嬉しくなってしまいました!
本当によかった、よかった!!
また、つぶちゃんとのラブラブの日々ですね♡

つぶちゃん、余程、病院が怖かったんですね。
確かにそうですよね・・・手でつかまれて
怖いことをされて・・・。
怖かった記憶がしっかりと残っていたんですね。
うちのも、病院へ行った後は、警戒して
カーテンレールなど、私の手の届かないところへ
飛んで行ってしまいます。
でも、どうもうちのは、”とりあたま”なのか
すぐ忘れるのか、少しすると、何もなかったかのように
私のところへもどってくるんですけどね。
病院へ連れていく度に、その繰り返しです。

でも、つぶちゃんがこつぶさんのところに戻って来て
本当によかった♡